プロフィール

ララルンバ

Author:ララルンバ
クソ面白くないブログです。
それは僕がつまらねえ人間様だからです。
よろしくさん。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ララルンバゾーン

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

08 | 2007/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
田舎から都心にワープした学生の日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
すまんね。
久々の更新、ララルンバです。

すいませんでした。

まあテスト期間中だしね。

大目にね。

見てくれればね。

感激。






てか、ぶっちゃけネタが無いという衝撃的事実。

とりあえずコメントでも返そうかな。


キッコロさん>
使ったらホント終わりじゃけん。マジデ。

U子さん>
ああ、そういえば9月でしたね!
よかった? ギターかっこいいからねえ、彼ら。

S君>
うん。

サテライトさん>
知り合いなら直接聞いておくれ!
知り合いじゃないなら諦めておくれっ!(笑

グランドセンチュリー(以下略さん>
やね。

I君>
表面上だけでも謝っとけ(笑

パイクーハンさん>
ちっこいの。

ナンシさん>
未だにあなたが誰かわかんねえっ!(笑

M君>
俺のパソコンにそのような機能はついていないのだよ……(涙




多かった……




あ。


バンプが来るよ、この街に。


冬に。






あとはー。






今日、学校に行くと、椅子の上に一冊の本がありました。

手にとってみたけど、僕の本じゃありませんでした。

結局誰のか分からなかったのと、タイトルに惹かれちゃったのとで、持って帰ってしまったのですが……




「殺戮にいたる病」




って本。

誰の落し物ですかー?


お心当たりの方は、ララルンバまでどうぞ。




さて。


ネタが無いので、すまんがこの辺で去ります。

明日は試験最終日です。

終わったら、カラオケに行く予定です。

初めてのメンバーなので、楽しみです。


じゃばっ!




ア。


今、何位かわからないけど、昨日は5位か6位でした!


ありがとうございまっ!


すっ!




じゃばじゃばっ!




おやすみんとす。
スポンサーサイト
【2007/09/26 23:16】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(6) |
裏切り。
どうも、ララルンバです。

期末試験前なので、めずらしく家で勉強してました。

大学受かれば何でもいいけど、欠点取ると後が面倒だからねっ。





で、テスト勉強中。

ipodを聞いていたのですが、何だか飽きてしまい。

しばらく音楽なしで勉強してたのですが。

ふとあることを思い出し、鞄の中をあさりました。




もう、一週間ほど前のことになるのでしょうか。

クラスメイトの、1年のころも同じクラスだった、T君。

彼が、僕にこんなことを言ったのです。


T君「パソコン壊れちゃってさ。何か適当に、mp3に曲入れてくんね?」


何ゆえ僕に頼んだのかはわかりません。

パソコンに詳しそうに見えたのかな?

ウィンドウズ98なのにね。

携帯電話よりも容量少ないのにね。


ですがまあ、I君に頼んでいれてもらえばいいかと思い、快く了承したのです。



で、その日の塾で。



僕「あ、クラスの人に頼まれたんだけど、これに何か曲入れてもらえる?」

I君「ん、いいよ」

僕「せんきゅー」


で、渡す時に、言いました。


僕「あとさ、そいつ、野球部で普通の人だから」

I君「うん?」


僕「くれぐれも





妙な曲(アニソン)





とか入れないようにっ!」



I君「おう、まかしとけっ!





たくさん入れてやるよ!」




僕「おい!」

I君「冗談だよ」





その言葉を信じた。




で、昨日。

おまたせ、と塾でmp3を渡され、帰宅。

そのまま鞄の中に入れっぱなしにしていたわけです。




で、ついさっき。

30分もないくらい前のこと。



どんな曲が入ったのかのチェックがてら、ipodの代打でも勤めてもらおうかとT君のmp3を聞いてみました。



ところで、T君はGreeenやら、レミオロメンやら、なんていうかああいうやつが好きな人でして。

あと洋楽とかも。

I君もレミオロメン好きだし。

それなりな選曲をしてくれているのだろうと期待しながら、再生ボタンを押すと――――






マキシマム・ザ・ホルモ





某死神ノート漫画の、アニメの主題歌が心に響きます。


ま、まあ、英語っていえば英語だし……

こ、こういうのもアリかな……



しかし、とたんに不安になった僕は、1番が終わった辺りで次の曲へ。



キラメキアワー。



おお、えぶりりとるてぃんぐだ。

まともだ。よかった……



次。



…………




「I SAY YES、ずっと~♪」





某ツンデレ魔法使いな少女のアニメのオープニングが鳴り出します。


おお、まとも……





じゃねえっ!




全開でアニソンじゃねえかっ!

疑いようの欠片もないよっ!?




不安で心臓をバクバク言わせながら、次の曲へ。





「なまいき言うのもおっけーおっけー♪」





マヂデ?






で、多分一通り聞いた結果。



さらに


青春ライン(いきものがかり)

と、

ローリングスター(YUI)

と、

カラーズ(FLOW)

に、

モザイクカケラ(サンセットスウィッチ)

という、




豪華絢爛アニメパラダイス




のできあがりです。


もう立派なアニオタ専用mp3です。


同じ学校の人は、火曜日からT君のことをオタクと呼んでやってください。




そしてT君。

たしかこのブログを見てはなかったと思いますが。

謝っておきます。



ゴメンナサイ。



心の底からと書いて心底ごめんなさい。



えー、そういうわけで。

テスト勉強に戻りますね。

コメントは、次の更新で返します。



ではっ!






ちょっと明日、塾でI君と話したいと思います。
【2007/09/23 14:23】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(7) |
へとへと。
右目がいたい、ララルンバです。

触らなくても痛い。

触ったらもっと痛い。

目の病気ってなったこと無いんだけどなあ。

初かね?

それはそれで。




コメントー返しっ!

調理のあの人>
わりとマジネタですよ。
あっこがなくなって、その分Sキッドの近くのが、大きくなったみたいで。

カビゴンさん>
バリスだごんが、タンスにゴンにみえたよ?(笑

エイリアンさん>
真顔です。

ゼルエルさん>
ホント良かったよ……(笑
ビルトインスタビライザー、ありがとう! 多分テストに出る(笑



いじょっ!





今日は模試でした。

国語、いつもはそれなりにとれるのに、今回普通でした。

国語のできないララルンバはどうしようもないですね。

ザ・自虐。


まあ、調子が悪かった、ってことで。




夜は塾に行って、英語の模試の過去問を解きました。

模試づくしですね。



ってわけで、へとへとですわよ?

全体的に。

主に首らへん。




ふぃー。



で、来週は期末試験ですよ、と。


ぬう。




あ。


入試の日が判明しました。


どうやら、

2月26日に、1次試験(国語&英語)

で、3日後の

2月29日に、2次試験(小論&面接)


みたいです。


私立の入試にしては、遅めみたいですね。

クラスで一番最後やもね。



えーと、あとは書くこと……


あ、ランキング、




8位



になってます。


上がってます。


最近の若い人のメール風に書くと、


上がってます↑↑


ってやつです。


うえうえ、ってね。


変換ってやってね。




ふぃー。



右目が痛い……


明日になっても痛かったら、何か手を打とうかな。


放っておくと大変なことに、的な。

某不安助長番組風な。



ふぃー。



先週の日曜に買った、桜庭一樹さんの「赤朽葉の伝説」。

まだ数ページしか読んでません。

この一週間は、本よりも睡眠優先になっちゃってたからなあ。

まあ、どっか時間見つけて読みますよん。



ではっ。


ではではっ。




すいませんね、こんな日記で。

疲れてるからね。

しょーがないね。



お休みなさい。





ごめんよー。
【2007/09/23 00:26】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(2) |
鳥になれ……
漢字書くのが苦手、のララルンバです。

まあまあ読めるんだけどなあ。

書くとなったら途端に……

まあ、なんとかするさ。




塾から帰宅して、シャワーを浴びて、晩ご飯を食べて、今です。


まだまだ暑いですね。

クーラー止めらんねえよ、ってね。

全開でね。

ブオー、って。




みなさんのおかげで、




9位



ですよ。


この10位以内の激戦区で、着実に上位に向かっているのですよ。

すごくね?

すごーい!





ってわけで、コメントをば返します。


ナンシさん>
過去問片付けたら、やるやもしれませんね(笑

lazyさん>
人間の狂気やら性格の歪みやら、そういうの好きなんで(笑

パイクーハンさん>
おばちゃん入院してたんだ?
お大事に、って言っといてー。

名無しさん>
3、人気ですねえ。

鉄さん>
おう、久々だねえ(笑
今度の冬はお世話になるよん(笑

ハゲさん>
すごく痛々しいものになりそうですけど……(苦笑
まあ、過去問終わってからねー。

ゼルエルさん>
いらっしゃーい!(笑
暇な時に見てあげてくださいましー。

アロウさん>
閣下は止めたんだ?(笑



コメント多くてうれしいねえ!

これからもドシドシ、ねっ!

ビシバシ応えるからねっ!




えー、アンケート結果ですが。

どうやら3番(夢・絶望・猫)が一番多いようで。

まあ、今週中まで待ちますねー。




えー。



今日のこと。

ていうか、ほとんどさっきのことです。



塾で、授業を終え、アロウ、I君、M、Y君と塾近くの本屋に歩いて行きまして。

塾に荷物を取りに戻る、その帰り道。



アロウ「あーした天気になーあれぃっ!!!」


アロウはそう叫ぶと、自分の履いていたサンダルを空高く打ち上げました。

闇夜にのまれるように放たれたそれは、電線ほどの高さまで上がり、やがて数メートル先に落下しました。


それを見て、阿呆なことを考えた阿呆がいました。


そう、他の誰でもない、



僕です。



今自分が履いてるのはサンダル。

アロウは飛ばした。

あんなに高く。



俺だって飛べるはず……!



そう思ったら、体が勝手に動きだしたんだ。


右足のサンダルを、少し緩めに履いて。


左足で思いっきり踏み込んで。


思いっきり。


僕は右足を蹴り上げた。



僕「あーした天気になーあれぃっ!」



その時。



確かに感じたんだ。


緩めに履いたサンダルが、通常のポジションまで戻るのを。


肌で感じた。


もう、遅かった。


僕の、左斜め後ろ方向に放たれたソレは、ゆっくりと美しい放物線を描き、つい先日潰れたばかりのスーパーの入り口。


ビニール屋根の上に。




――――落ちた。







「なあああああああ!!!!」





アロウ、Y君、爆笑。

遅れて来たI君とMは状況がつかめないご様子。



美味しい。

状況的にすごく美味しい。

間違いなく今日の日記のネタだ。



でも、さ。



硬く冷たいコンクリートを文字どおり肌で感じる僕の右足を見る。




どうすんの、コレ。




とりあえず、ここで回収して塾に戻ったらおもしろくないってことで、放置して帰塾。



僕「せんせい」


先生「はい?」


僕「サンダルなくなった」


先生「は? どしたん!?」


僕「明日天気になれってやったら、新鮮市場のビニール屋根の上乗った」


先生「アホやん」


僕「うん」





と、何人かの先生と同じような会話を交わし、右足の裏も若干黒ずみだしたあたりで、アロウとI君と回収に。



アロウの独力で、無事回収。



よかった……

ホント良かった……



今日の教訓。


天気なんてどうしようもないんだから、明日天気になれなんてやらない。



以上!




みんなも気をつけて。

力もセーブして。

ね。




はい。


ではっ。

明日は模試ですね。

マーク模試だから、それなりに萌えて燃えています。

がんばるぞうー。




じゃ、また明日ー。



あ、今日、政治経済の時間に、ビルトインスタビライザーが出てきました!

すごく嬉しかったですよ!




アロウ、感謝。

【2007/09/21 23:09】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(4) |
あれ、10位じゃね?
ビルトインスタビライザーって何だったっけ? ララルンバです。

思い出せない……





まあそんなことはどうでもいいんですよ、と。

問題は、このブログがついに




10位



になったことなんですよ、と。

いやあ、念願の10位内ですよ。

もうね。

びっくりね。


んでまあ、やっぱり、これからもよろしく、ってアレで。




えー。



とりあえずコメント返しっ!



ローゼン閣下>
あと半年……あと半年なんとか……

パイクーハンさん>
で、体育祭どうだったの?

lazyさん>
期待に応えられるかどうか(苦笑

M君>
まあがんばってお金溜めるよ。

津田もどきさん>
そうなんだ? 小学生の必需品かと思ってた(笑

キッコロ君>
DSがいいなあ。DSliteがいいなあ。
シェルブール了解。



うんうん、コメントが多くていいねえ。

しかも昨日はあんな下らない内容だったのに。

さんきゅー!

てんきゅー!

ふぉーゆー!




じゃば、昨日言った、僕の志望する大学の小論の過去問を解いたやつ、載せます。


まず、問題ですが。


3つの言葉(殺人・祈り・手紙)を使って600字で自由に創作しなさい。


ってやつでして。

みなさんも、暇だったらどうぞ。


じゃ、こっから僕の書いたやつです。






足元に転がった血まみれの母の死体を見ても、自責の念とか後悔とかは全くうかんでこない。


むしろやりとげたような、どこか清々しい気さえしながら、殺人者となった私は乱れた息を整えようと、大きく深呼吸をした。


肺が濃く生臭い母の血のにおいで満たされ、吐き気がした。


自分の体に流れる血の半分がこれと同じだと思うと、もっと気分が悪くなった。


私は思いついたように、物言わぬ屍となった母に、言葉を投げかけた。


「お母さん、愛してるよ」


言って、なぜか笑いがこみ上げてきた。


「愛してるよ」


もう一度、母が私によく言ったその言葉を口にする。


「愛だから」そう言って昔から私の首を絞めた母の顔を思い出す。


笑っていた母の顔は今、血にぬれて赤黒く染まっている。


「お母さん、あたしもおかあさんのこと、愛してたんだ」


母は何も言わない。


「だから、殺しちゃった」


失踪して、手紙一つよこさない父に比べたら、毎日のように首を絞めて愛を注いでくれた母は、とても愛情深い人だった。


私はその愛に応えたのだ。


「愛してくれてありがとう、お母さん」


母の血の上にしゃがみこむと、手を合わせ、祈りをささげる。


「お母さんが天国にいけますように」


死臭を放つ母を、初めて愛しいと思った。










はい、終わりです。



まあ指定された言葉がアレなんで、すごくアレな感じになったわけですが。

個人的に、暗いけどきらきらしてる、みたいなことを感じていただけたなら、ばんばんざいです。

まだその感想をくれたのは一人だけだけど……




とりあえずこれを読んで、

「ララルンバのやつ、愛を語ってるぜ、ぷふっ!」

って感想をくれたJ君の神経はすごいと思いました。

さすが学校で巫女服を着るだけあって、頭のネジが数本折れてるみたいです。






まあ、また書いたら、載せるんで。



むしろ逆にアンケート。


次に書く題材、どれがいいか。




1(放浪・雪解け・フライパン)


2(書棚・記憶・影絵)


3(夢・絶望・猫)


4(記憶喪失・春の嵐・手紙)




どの番号かを選んで、コメント欄に書いていただければ、その中で一番数が多かったやつを書きます。


ね。



ではっ!


また明日ー。






今10位ですっ!!
【2007/09/21 00:04】 | 妄想弾き語り系 | トラックバック(0) | コメント(8) |
ぐだぐだだよう
昔、「きっと」を、「きっとに」と言ってました、ララルンバです。

何故「に」をつけていたのか……

あ、昔って、保育園とか、そのころの話ですよ?

そこんとこ、アレなんで。

よろしく。





さて、勢いづいて更新に手を伸ばしたわけですが。

ネタも無いし、相変わらずwキーは打ち難いし。




今日は、妙に鼻炎の調子が悪くて。

でも、声も出したくないってほどつらいわけでのなくて。

でも鼻水出るからちょっと不機嫌で。

ずいぶんいろんな人への対応がおざなりでした。

しょうがないしょうがない。



えー、僕の英語の辞書が、世界に一つしかないステキなオーダーメイド品になりました。

若干イジメと紙一重感が否めませんが、そう使うものでもないから別にいいや。(受験生としてどうよ?)




あとはー。

そうねえ。


DS欲しい。


ってもう昨日言いましたね。




あ。


小論のやつ、いっこ書きました。

塾の先生に見てもらってるんで、明日の更新でのせます。

内容は暗いかな。すまんね。




うーん。


本読んで寝よっ。


すいません、ホント。ぐだぐだで。



んでわっ!






20位内キープ!
【2007/09/19 22:15】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(4) |
DS欲しいなあ。
最近多量に眠たくなります、ララルンバです。

以前(2週間前)は、本買ったら寝らずにその日に読み上げるって感じだったのですが、最近は睡眠優先になってます。

もう歳かね。




今日は体育祭で疲れました。


ネタになるようなことは……無かったなあ……

強いて言えば、安倍総理のコスプレやった時、スーツが暑すぎて死ぬかと思ったことかな。





どうでもいい話なのですが、今、妙に任天堂のDSが欲しいです。

誰か買ってー。






あ、また子供が親を殺したらしいですね。


片手斧で寝首を掻いたって。


鉈じゃなかったんですね。




で、例の如く、母ルンバが僕になにやらを、






ってうああああああああああ!






大変!





「W」キーが取れたっ!!






な、治りません……


すごく打ち難いです……





ぬう。まあいいか。



気を取り直して。




母ルンバがまた妙なこと言ったわけですよ。




母ルンバ「あんた、今日また子供が親殺してたよっ!」


僕「ああ、らしいねえ」


母ルンバ「お父さんを斧で殺しちゃダメだからねっ!」






そこじゃないだろ!?






彼女のやっちゃいけない基準が、イマイチつかめません。

もう17年も一緒に暮らしてるのになあ。




えー、と、コメント返します。




塩らーめんさん>
ああ、そういう意味か!
わざわざありがとうございます(笑

ササルンバ>
い、一緒にするなっ!(笑

lazyさん>
キモイナンテレヴェルジャナイヨ。
コロサレルカトオモッタヨ。

S君>
O君自らの否定が入りました(笑

I君>
トラウマと呼べ。

M君>
それ以前に、人の道を踏み外してるんじゃないの?

パイクーハンさん>
ララって、トゥームレイダーみたいだな(笑



ぬうう。

wが打ち難い……







ていうか、ていうかですよ。



このブログもついに、



16位



になっちゃったわけですよ。


嬉しいねえ嬉しいねえ。



この一週間ですごい順位伸びましたもんねっ!


どれもこれもみんなのおかげだねっ!


そして僕がマメに更新した努力の賜物だねっ!


10位以内に返り咲ける日もそう遠くないやもですよ!?


まあ、それなりにがんばるんで、よろしく、ってアレで。




ではっ!

おやすみー。




wどうしよう……割と本気で……
【2007/09/19 00:43】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(2) |
オタク回避。
原点回帰の続きです。





プカプカ店内に入ると、O君はつかつかと規則正しい歩調で、18歳未満お断りなカーテンの向こうへ。

とりあえず僕もお邪魔して、いわゆる


エロゲ―


を物色するO君の横でぼーっと突っ立っていました。



で、少ししてカーテンの外へ。

ちょっとハードカバーの本やらを物色して、特に何も無かったので、そのまま店を出てジュンク堂へ。



ジュンク堂では、O君は「ロリコンフェニックス2巻」、僕は桜庭一樹さんの「赤朽葉家の伝説」というハードカバーの本(1700円)を購入し、外へ。


外に出ると、ぽつぽつと雨が降り出していました。


パルコ前まで移動し、自転車に乗って漕ぎ出すと、ますます雨脚は強くなり、止む無くコンパルホールの横にあるゲーム屋さんで雨宿り。








事件はそこで起こった。







その店内でも、やはりO君はまっすぐにカーテンの向こうへ。

まあいいけどね。もう君18歳だしね。


しかしそこのカーテンの向こうは、プカプカのそれよりも充実しているようで、O君はいろんな箱を手にとっては戻し、携帯を弄りを繰り返しています。

暇になったので、1人でカーテンの外へ。



カードゲームのコーナーに、O君のやってるガンダムのカードゲームがあるのを見つけ、何気なくそれを手にとって見ていると。




僕の隣。


メタボリックどころの騒ぎじゃない。


一体何を食べて育ったのですか?


的な二十代後半の男性が1人、かがんでいました。




ザ・他人。




これまでの僕の人生において、一片の関わりも持ったことのないその人。



そいつが何故か、僕の方を見ています。



すみません、にやにやしないでください。



困惑する僕。


そんな僕を見て、にやにやしながら、口をひらくメタボさん。



メタボさん



「買ってもやり方分からなかったら、意味無いよ」




僕「は、はあ……」




キイテマセン




メタボさん




「意味、無いよ?」





僕「はあ……」




ドチラサマデスカ?




若干どころじゃない。

ドン引きという表現すら生ぬるいような引き方で、多分引きつった笑いを顔面に貼り付けて立ち尽くす僕。

こわい。

きもいとかなんとかじゃない。


こわい。




そしてさらに。






追加イベント発生。






じゃららーん♪





メタボさんは仲間を呼んだ。





呼ばれたのかどうかはともかく、二人の明らかにオーラが一般人のそれと違う、選ばれた戦士が現われ、メタボさんに声をかけました。



戦士A「何してるの?」



メタボさん「いやあ、買ってもルール知らなきゃ使えないって教えてたんだ」



戦士B「ふうん」




そこで3人の視線が僕に集中。




みなさん、そのにやにやした笑みを消してください。


もう僕は泣きそうです。






こわいこわいこわいこわいこわいこわい。





耐えられず、引きつった笑いのまま泣きそうになりながら、O君のいるカーテンの向こうへ。


さっきと同じく、エロゲ―を物色しているO君。

その姿を見た瞬間、安堵というかなんというかで、ホッとして、どっと疲れが来ました。



で、ことの顛末をO君に話すと。



O君「そういうやつらには、『ウザイ黙れ』って言えばいいんだよ」

と吐き捨てました。


そ、それ怖くね!?




でまあ、分別の無いオタクは最悪だとかの話をされ、


O君「ところでお前ならこのエロゲ―の中でどれを買う?」


と400円やらのワゴン売りのエロゲ―を指差しながら言われ、

適当に一つ選んで渡すと、携帯でそのタイトルの何かを検索して、


「61点か……良作か凡作ってあたりだな」


とO君が一人ごちていたころには、もう恐怖心は無くなってました。




そんなこんなで、夏でもないのにホラーを体験した僕は、O君と二人、やはり雨に打たれながら帰宅したわけです。




帰宅後、やることの無くなった僕らは、僕の思いつきで桜蘭高校ホスト部のDVDを見ることに。



見ていると。



O君「俺はこれ、ダメだわ」


僕「そう?」


O君「んー、俺、こういう



美少年至上主義



みたいなのがダメなんだよね」




僕「ふうん」



…………って、



僕「でもお前、





美少女至上主義じゃね?」


だったらこう、ねえ?

アレじゃん?





O君「はあ? それは普通だろ?」




さよで。



で、夕方、O君はお勧めの漫画「らきすた」「ぽてまよ」「GA」「WORKING!!」を置いて、帰りました。


全部中身は4コマ漫画のようです。





ふぃー。


ってわけで、今日は精神的に疲れた一日でした。


あー、こわかった。

もうこりごり。




ってわけで、これにて御免です。

久々の長文更新で疲れました。


順位、21位を保ちながらいい感じです。


これからもよろしゅうに!



ではっ!






元気があれば、寝る前にまた更新するやもねっ!
【2007/09/16 20:31】 | お出かけ系 | トラックバック(0) | コメント(6) |
原点回帰。
1階がハローキティショップのそのビル。

2階に上がると、そこはホス、じゃなくて


アニメイトでした。



原点回帰ですよ。


思い出せばもう半年以上も前。

このブログを始めた次の日の更新。

内容は、そう、O君とアニメイトに足を踏み入れたこと。


ってわけで原点回帰。


今日は、O君とのめくるめくオタク的街めぐりをご賞味くださいまし!

君はこの恐怖に耐えられるか!?




とりあえずコメント返し。


ナンシさん>
一生働かずに惰眠を貪り暮らせる、夢のような谷に落ちてみたい。

塩らーめんさん>
マルシュ? 何者ですか、そやつは?(笑






朝の更新を終え、数分後。

ぴんぽーん。

インターフォンに呼ばれ玄関に向かうと、そこに立っていたのはO君。


O君「おはよう」

僕「はい」


なんて会話もそこそこに、僕の部屋へ。

漫画読んだり喋ったりO君がパソコン使ったり、O君お勧めというアニメをipodの偽物のような機械で見たりして、時間を潰します。

昼ご飯にカレーを食べて、いざ街へ。


晴れていたので叔母ルンバから自転車を借りて街へGO。



さて、さて。


某パルコの前に駐輪し、しかしパルコには入りません。

O君曰く、


O君「パルコやらフォーラスやらの空気は俺に合わん」


だそうで。

じゃあどこが合うのですか、ってそりゃもちろん


「ア」の付くお店。



ひょろひょろと男二人歩きながら、この7ヶ月でもうネタにするのも忍びない、ってほどじゃないけどそれなりに回数を重ねてしまった店内へ。


ここでマメ知識。


いわゆるその


アニメイト


というお店は、僕の見た限りでは、主なお客さんは


女性


です。

皆さん濁ったような嫌に輝いたような目をしていらっしゃいます。

こ、これが世に言う腐女子ってやつかっ!



O君は今日、ロリコンフェニックスなる漫画の2巻を買いに来たそうで。

そういえば以前アニメイトネタ使った時に買ってたのはこれの第1巻だったなー、なんてしみじみ思いながら、漫画コーナーを物色するO君を放って店内の散策に。



何ゆえ日本刀が売られているのか、理由がサッパリわかりません。



涼宮ハルヒのジュースって何ですか? 何味ですか?



あの、


美少年どうしが絡み合ってる漫画をそんなにプッシュしないで下さい。




はい、ご婦人方、




群がらないで。




突っ込み疲れて、結局店内では一番身近なライトノベルのコーナーへ。


すると、何と日日日(あきら)の小説の最新刊があるではありませんかっ!


注、日日日(あきら)について。

2004年、高校在学中に一般文芸からライトノベルまで、数多くの賞に応募し、合計5冠の新人賞受賞。
その後も多ジャンルに渡り活躍する、期待の星。


それを手にとって見ていると、O君が。


O君「日日日?」

僕「うん」

O君「買うの?」

僕「うん、ここか、ジュンク堂かで」

O君「ここで買えよ。俺のカードにポイントつけてもらって」

僕「ああ、いいよ」


で、1人レジへ。


O君は探していた漫画は無かったそうで。


レジのお姉さんは普通にかわいい方でした。


ところで。

O君のアニメイトのポイントカード。



他のカードとは一味違います。



具体的に言うと、表面にカードと同じサイズのシールが貼っていて、非常に自己主張の激しい一品となっております。


僕「オーダーメイドってやつですか?」

O君「いや、自分で貼った」

さよで。



で、気合入ったカードにポイントを溜め、文庫本を購入。


店を出て、その足でプカプカという古本屋へ。



……長くなるな……


後編に続く。
【2007/09/16 19:29】 | お出かけ系 | トラックバック(1) | コメント(1) |
ぐっもーにん
おはようございます、ララルンバです。

10時過ぎにはO君が来るとかで。

おきてご飯食べてシャワー浴びてってやったらこんな時間で。

とりあえず更新するかーって感じです。




昨日、熊本から帰ってパソコンを開くと、O君からメールが。


O君「明日行ってもよか?」


微妙な方言語尾に、こっちも対抗することに。


僕「午後からだよに?」

O君「いや、あえて朝からで(笑)」


スルーかよ。

しかし朝……父ルンバのバイトがあったような……


僕「ちょっと待つよに」


メールの送信を確認して、父ルンバの元へ。


僕「ねえ、明日バイトある?」

父ルンバ「あー……雨じゃね?」

僕「ぽいねえ」

父ルンバ「月曜にしようか……大丈夫?」

僕「ん。らじゃ」


で、自室に戻り、再びパソコンに向かうと、O君から返信が。


O君「いや、無理しなくてもいいよ」


あら、気使わせたかな?


僕「来ていいよに。朝からでもうぇるかむよに」


O君「了解した。あと、


喋り方を元に戻せ



あ、突っ込まれた。


僕「嫌よに?」



O君「何キャラのつもりだ?」



そんなのこと聞かれても……何だろう……?



「メールで弟をいじくるお姉ちゃんキャラよに」



ん、多分そんな感じだ。知らんけど。




で、まあ、その後は話し方も元に戻して、だらだら


「何か持っていくものある?」「別にー。あ、カルピス」

「途中で自販機あったら買ってく」「よろしくべいべ。雨上がったら街いかね?」

「その場合駅からになるが?」「異論は無い」

「じゃあ、また明日」「しーゆー」


って感じの会話をして、メールボックスを閉じたのでした。ちゃんちゃん。


高校生らしい会話……ですよね?

わかんないんですよ、当然だけど。他の人がどんなメールしてるのか。

僕らは、大体こんな感じですね。I君とかY君とかアロウとかとも。



むう。


シャワー浴びたら眠たくなった模様です。

でもO君来るしなあ。

ねれねー。


のっそり奥華子の歌でも聴きながら、パソコンをぺしぺしして待ちます。

ではっ!


おやすっみー!


じゃない!


ばいばいー。


あっ!


順位が21位でした!

上がってます!



あれ、今、ふと思ったのですが。

何か昔、ラップっぽい曲で、

「あがってんのー?さがってんのー?」

ってやつ無かったっけ?


あれ?

なんて曲だったっけ?


んー?


まあいっか。




あがってます。
【2007/09/16 10:21】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(2) |
かわいい君が好きなものぉ~♪
ちょっとおいぼーれたピアノー♪ はい、ララルンバです。

名曲ね、スパイダー。スピッツね。あんま聞いたこと無いけどね。




えー、熊本から帰って来ました。特に感動はありません。

昨日の日記を読み返してみたんですが、なにやらオタっぽいですねえ……

別にいいけど。



そういえば先日、Y君が本屋にて、



Y君「アニメが止められない」



的なことを言ってて、こいつもうダメだな、って思いました。


ていうか、アニメって、見るの面倒なんですよね。

そこまでマメな性格でもないし。

面白いってやつはI君がDVDに焼いてくれるんですけど、それも観ずにどんどん溜まっていくし。


あ、これ、暗にアニメオタじゃないってのを主張してますんで。

だからってフィギュアとかに愛情を注ぐわけじゃないし。ていうかお金もったいないじゃん、みたいな。



とりあえず本オタクってのは認めます。




今日のこと。

朝の9時に家を出て、父、母、祖母ルンバの3人と、車でいざ熊本。

ひょろひょろと学校の前を通って、クラスメイトのTさんの名前がでかでかと掲げられた幕を眺めつつ、ipodを聞いていました。


途中コンビニに寄って、スタバのコーヒーとフライドポテト、メロンパンを購入。


RADWIMPSの「愛し」を聞いてるあたりで曾祖母ルンバのいる老人ホームに到着。

何だか学校みたいな外見だなあ、なんて思いながらホーム内へ。


あの老人ホーム特有の、幼稚園みたいな掲示をされている写真を横目に、曾祖母ルンバの部屋へ。

久々に顔を見せた僕に対し、



曾祖母ルンバ「○○(僕の名前)ちゃんの息子たい」



うーん、おしい。



で、やっと僕がララルンバであることを理解してもらい、ぺたくちゃとおしゃべりをしていると、祖母ルンバのお姉さんと、その息子夫婦が登場。


「大きくなったねえ」

「いえいえ」

「もう180センチあるの?」

「いや、まだです」

「今年3年生? 受験?」

「はい」

「がんばってね」

「まあ」


なんて当り障りの無い会話をして、昼食を取っていなかったため、一度外に。


もう2時を過ぎていたので、すんなり昼食にありつけるかと思いきや、一件目、二件目はいっぱいで店内に入られず。

三件目の中華料理屋でやっとご飯に。


とりあえず7人分別々のランチメニューを頼み、それぞれのメインのおかずをみんなでつつく方式に。

で、店員さんを呼んで注文をする時。


店員さん「お飲み物の方は?」

父ルンバ「生ビール」

おじさん「じゃあ生ビール二つで」

おばさん「ララルンバ君は?」

僕「じゃあ、カルピスで」




おばさん「ぶふっ!」




……


笑われた?




い、いいじゃないか、好きなんだからっ!




話によると、おばさんおじさんの娘と息子(高校2年と1年)は、家では缶チューハイを飲んだりするんだとか。

不良よ、ふりょー!


まあ、そんなこんなで楽しく食事をして、4時過ぎくらいにもう一度曾祖母ルンバのホームへ。

ばいばい、って言って、再び3時間の道のりを経て、帰宅し、だらだらして、晩ご飯食べて、今に至るわけです。


ふぃー、疲れたあ。




えー、明日はO君が家に来ます。

欲しい本があるので、街に行くかもしれません。

O君から、またアニメイトに連行されるやもしれません。

ていうか、されますね、ひゃくぱー。


まあ、雨が降らなかったらのお話です。




ふぃー。



あ、順位が、29位にまで上昇しております。

すっげー!

全部で千ブログかなんかあるんで、上位の方です。

これからも、なにとぞよろしゅうに。



ではっ!


おやすっみー。





すみー!
【2007/09/15 22:17】 | お出かけ系 | トラックバック(1) | コメント(1) |
眼鏡が割れても君は君さ。
ララルンバだおwww

キラ君「キモイよ」

わかった、やめるお(´・ω・`)




はい、改めまして、ララルンバです。

以前、

「ララルンバだおwwww そうか、キモイか。じゃあやめよう」

って書いたのがキラ君のツボに入ったらしく、今日もそんな感じでーって要求されたんで、してみました。

やっぱキモイなあ。もう二度としないよ。ご要望が無い限り。




えー、今日は体育祭の予定だったのですが、朝から、体育祭云々関係なく学校に行くのを躊躇うように雨がざわざわ降ってまして。

まあ言ったんですが、やっぱりというかなんというか中止で。

グラウンドコンディションが何とかってアレで。

三連休あるんで、火曜日にやるそうです。へえ。




えーと、昨日、更新しなかったわけですが。

理由としては、



爆睡



の一言に尽きるかと。


塾から帰ったら、眠たかったんですよ、すごく。

で、お風呂にも入らず、布団に潜り込み、そのまま気が付けば朝。

さすがに気持ち悪かったので、シャワーを浴びて登校(直後天然シャワーにも打たれたけど……)。


で、停電やら体育祭延期やら授業やらで、帰宅しました。




うん、話題が無いよう。

学校で何かあったはずなんだけど……忘れた……




そう。

明日、熊本に行きます。

曾祖母ルンバのお見舞いです。

97歳だったっけ? 確か。

100目指して欲しいですね、是非に。




えー、あと、何だ?

話題話題……



ああ、少し前、I君がDVDを貸してくれたんですよ。

その名も、




桜蘭高校ホスト部。




っていう、あの、原作少女漫画のやつ。


面白いですねえ。

原作も人気あるらしいし。


まあ、見てて思ったのは、



男も女も考えるのは一緒



ってのです。


なんていうんだろう?

少年漫画では、1人の男のまわりに美少女が集って、ハーレム展開になるわけですけど。

少女漫画では、1人の女の子のまわりに、美少年が集まり、やっぱりこれまたハーレム、みたいな?



ラブひな≒桜蘭



みたいな?


まあいいや。

とにかく、そんな感じ。




ふいー。



コメント返し。

パイクーハンさん>
でもさー、ここまで引き伸ばした理由もよくわかんないよね?
迷惑この上ないし。

lazyさん>
I君が政治家になればいいんじゃね?(笑

ナンシさん>
うちのクラスの、眼鏡の壊れた駅前留学生にでも頼んでみようか?(笑




はい。



おっわりー。


熊本でネタでも拾ってきます。

ひょいひょい、って。



んじゃ、また。




現在36位激走中。
【2007/09/14 22:30】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(1) |
ロマンティックが止らないっ!
筋肉痛のララルンバです。

ひゃくぱー、昨日走ったせいです。

痛い。




体育祭の仮装で安倍総理の役をやるってことで。

今日も放課後に劇の練習して。

スーツ着て顔をどう弄くるか話して。


で、帰ったら




辞めるんかい!




テレビつけてびっくりですよ。

『電撃G!』

じゃないですよ、マジで。




各大臣「何故この時期に?」





まったくだ!





安倍首相のコスプレしてるのに本人が首相じゃなくなったら設定が破綻してしまうじゃないか!?


いや、ここは逆にポジティブに考えよう。



そもそも、あの劇、安倍総理が出てくる理由は何一つ無かった。

あるとすれば、劇にすさまじいまでのシュールさを加えるくらい。



しかし!



今、この時期に安倍総理!


ああ、




なんてタイムリー!?




すごいよ、これすごいよ!


表明して二日後ってどんだけー! どんだけー!




この劇の脚本書いた人は、未来を見通していたとしか思えないよ!?

千里眼かっつーの!



さあ、なんだかテンションが上がってきたよ?




とにもかくにも、これで僕ことララルンバの扮する





安倍総理





が仮装パレードに出馬する理由ができたわけだ!


背中に



元そーり



って紙でも張るかい!?

そうかいいらないかい!




ここらで一つ、ステキに知的な政治批判でもしてみたいけど、そこまで政治云々に詳しいわけじゃないしなあ。


とりあえず安倍総理の辞任の理由、あれ、まとめると、


「この国に僕はいない方がいいんだ」


って、そんなセリフを吐いていいのはロマンチックが止らない思春期ボーイだけですよ?(ガールも可)



とにかく、後釜に誰が就くのか少し気になりはするけど、誰が就いても良い反応はないだろうなあ、って感じです。

内閣発足当初くらいの小泉さんばりにカリスマ性持った人がいれば別だけど。




って、何か真面目っぽい話になってる! きもーい! 超きもーい!



さて、妙に話題を広げようとしたために、話をまとめ難くなりました。責任取ってよ安倍さん!



よし、無理矢理にでも話題を変えるかい?



模試で、志望校A判定をいただきました!

でも点数が微妙だったから、うれしくないです。

英語がんばらなきゃね。イングリーッシュ!



さあ、そろそろ終わります。

「嘘つきまーくんと壊れたまーちゃん2 ~善意の指針は悪意~」

とお風呂が僕を呼んでいるからです。



ではでは。






現在84位爆走中。
【2007/09/12 23:32】 | 妄想弾き語り系 | トラックバック(0) | コメント(3) |
カルピスー
学校の自販機にもカルピスウォーター置けよう、ララルンバです。

美味しいのにね。残念ですよ。

紙コップだとあるんですけど、あの氷が嫌いだからなあ……

缶のやつ、誰か入れて。





学校で初めて食堂のうどんを食べました。

まだ時季的に早いと思いました。

昼間、少し暑いしね。





今日は1時間目から体育でした。

フォークダンスの練習をやるものだとばかり思っていました。

なのに。



なにゆえリレー?



で、久々に走った結果。

恐ろしいまでの吐き気と目眩に襲われ、もはや教室までの階段を上る気力さえ無く、体操服のまま保健室へ。

脆弱さを実感した日でした。




ふぃー。



あ、あの、過去問の作文を載せるのは、多分来週になると思います。

よろしゅう。




週末に、「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」という小説を買いました。

1巻だけ買おうとしたら、

I君「どうせ2巻も買うんだろ?」

って言われたので、2巻も買いました。


今、1巻の終盤なのですが、面白いです。

ライトノベルだけど、毒が強くていいね。

お勧めです。




さて。

日ごろ運動しないくせに走ったり、7時から10時半まで塾で過去問解いたりで今日はなにやらへとへとです。

明日は1時間目に授業があって、残りは体育祭の練習やらで終わりだそうです。

いよいよ倒れるかもしれませんね。



うー、あー。



そうそう、先日、自室の机の中を見ると、むかし、中学時代に使ってたメモ帖が出てきて。

懐かしいなあと感慨に浸りながら開くと、走り書きで




宇宙にくらべたら、この地球なんてちっぽけなものだ。

狭っ苦しい世界でこれが今生の別れなわけがない。

僕が君に会いたいと思って、君が僕に会いたいと望めば、また会える。

それじゃあ、また。




なんてメモを見つけて、このころ一体何を考えてたのだろうかと首を捻りました。


まあとりあえず、中学時代の僕に再会できたわけで。

また会えたねえ、と1人ごちて、また机の中に戻しました。

今度はいつみつけるのか、楽しみです。




さてさて。


もう寝るよ。


くたくただし。



ではっ!





おやすみ。
【2007/09/12 00:32】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(1) |
目、濁ってます?
好きな詩人はサマー、ララルンバです。

いいよね、あれ。おもしろいし、たまに深いし。




えー、昨日の日記は、まあ、気にすんなよ、ってアレで。




今日学校に行く時、すごく涼しくて気持ちが良かったです。

だから、自転車を漕いでいた僕は、「こんな日に自転車はもったいない! 歩こう!」と、塾の駐輪場に自転車を止め、歩きました。

途中にある公園では、けっこうおじいさんやおばあさんが散歩してました。

気持ちよかったです。




そういえば、生まれて初めて、目が綺麗っていわれました!

やったね!

まったく中学時代から

「死んだ魚のような目だ」

とか、

「同い年とは思えないくらい濁りきってる」

とか言ってた同級生諸君は眼科に行くといいよ?



で、夜。塾でI君やY君にその話をしたところ。



I君「その人の目、おかしいんじゃねーの?」


Y君「てか、罰ゲームだったんじゃね?」



一度地獄に落ちるといいよ。




ああ、そう。

スーツありました。

叔母さんが昔買った女性物だけど、サイズが大きめだったので、ぴったりでした。

明日、Yシャツと一緒に持っていくよー。





とりあえずコメント返し。

ナンシさん>
日付が変わる前に更新したかったんだけど、間に合わなかったんだよ(笑

パイクーハンさん>
俺は愛してる。





さて。



僕の受ける大学は、2次試験で妙な小論(作文)を書かされるわけでして。


その過去門を解き、そしたらこのブログに載せることにしました。


面白さは求めないで、試験内容の600文字以内でまとめるのに重点を置くので、その辺、よろしくおねがいします。


じゃあ、書いたら、あとから加えるんで。


また、あとで。





期待してまっとけい。
【2007/09/10 23:21】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(1) |
わたしは
アロウを、憎む。
【2007/09/10 00:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |
涼しいクロワッサンとI君の下ネタ。
あれ、涼しい? ララルンバです。

なんか、夜涼しいよね? 今とか。

風が不快じゃない。

秋っぽい。

です。





昨日は、妙に疲れてて更新できませんでした。


で、今日とりあえず更新してるんですが、明日朝早い(バイト)なので、そこそこにしときます。



えー、今日は、学校でした。

行く前に、クロワッサンが食べたくなったので、パン屋に寄りました。


シェルブールってパン屋、しってます?

あそこの、クロワッサンの中にアーモンドチョコが入ったパン(150円)と、メロンパン(120円)、あと、カレーパン(120円?)は、お勧めです。

是非にどうぞ。




どうでもいいですけど、某焼肉屋さんの店員さんに、びっくりするほどかわいい人がいました。


……どーでもいいなあ。




今日のこと。


塾の帰り、信号待ちの時に、I君がいきなり言いました。


I君「ちょっと下ネタだけどいい?」

僕「うん」

I君「あのさー。


中田志穂


って名前、可愛そうじゃない?」



…………


僕「ああ、ね……」


他にリアクションの取りようがありませんでした。


この後I君は「中田って名字の人は「シホ」って名前をつけるのを法で縛るべきだ」なんてことを言ったわけですが、まあそれはどうでもいい。



それにしても、最近の子供の名前の、奇妙奇天烈さといったらもう、ね?


インターネットで、「かわいそうな名前」って検索したら、けっこうひっかかります。「ぴかちゅう」とかあった。まじで。




今日、塾で僕の志望校の過去問(国語)を解きました。


結果は、現代文は二つとも7~8割。

古文も7割。


がしかし。



文学史がやばい。



もう、世界史選択の僕に喧嘩を売っているとしか思えない問題ばかりです。

聞いたこともない作品名。聞いたこともない文豪。そんなのばっか。もういやだ。


今度から授業で文学史教えてくれるらしいんですが、どうやるんだろう?

まあ、期待。




ばいざうぇい。


さっきから、というより起動した時から、僕のノートパソコンが不吉な悲鳴をあげております。


ぶううううううううん……きゅるきゅるきゅるきゅる……ぶううううううううん……きゅるきゅるきゅる……(以下繰り返し)


えーと、大丈夫ですか?

もう付き合い長いしなあ。

ていうかウィンドウズ98って、もう9年目だもんなあ……


あと半年、頑張れ。





最近、「大学入ったら携帯買うの?」って聞かれます。


はい、買います。



さすがに、あった方が便利かと。

多分auかと。


テレビとか観れなくてもいいんで、多分、普通のやつを買うと思います。

個人的に携帯はパカって二つ折りのを開くの以外認めないんで、スライドのやつとか、やたらちっちゃいやつとか買わないと思います。

あと、薄いのがいいです。

色は、赤か青。



うん、そんな感じ。




ふう、書いた書いた。




コメント返し。

I君>
懐かしいネタを(笑

パイクーハンさん>
えーっと、ごめん、いろいろ言いたいことあるけど、とりあえず。
知った風な口聞かないでくれます?(笑




ふう。


さあ、明日は朝から父ルンバのお手伝いですよ。

学校で小論文模試を受ける人はがんばってー。炎天下の下、応援してるぜい。



じゃば。

風呂に入るので。





あ。



一応、知らない人がいるかもなんで。



この、いつも下に出てるひよこのやつ。





これ、ブログのランキングの投票のやつなんで。


押しちゃったら、このブログの順位がちょっと上がったりなんで。

まあ、適当に。




では、おやすみなさいー。




昔は6位だったのになあ……
【2007/09/08 00:38】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(1) |
リアクション、求む。
バンプが新曲を出すそうです、ララルンバです。

10月の終わりごろに。

映画、続・オールウェイズ3丁目の夕日の主題歌だそうで。

期待、してますぜ、だんな。

的なアレで。




そういえば今日は、朝から突然爽やかな対応を求められたりと大変でした。

昨日こそ、日記で似合わないと言ったばかりだというのに……




今日の午後のこと。



選択国語の時間に、一人2問ずつ漢字の読みを黒板に書いて答えることになりまして。

ざわつく教室で、自分に割り振られた2問をさっさと解いて、席に戻ろうと考えていました。


すると、A子さんに呼び止められて。


A子さん「ララルンバ」


僕「はい」


A子さん「これの読み、何?」



      脆弱



きじゃく? いや、違うな……なんだっけ……



僕「えーと……『ぜいじゃく』かな?」


不安ながらも答える僕。自身は無い。すると。


A子さん「あ、ありが……あっ」


突如、はっと気づいたような反応をするA子さん。

何事だろうと首を傾げていると。




A子さん


あ、





ありがとうなんて言わないんだからっ!」







さて。

人間、一瞬頭の中が真っ白になることがある。

その多くは、予期せぬできごとに遭遇した時だ。

事故や事件、また身近なところでは、突然外国人に話し掛けられたりした場合や、そう、この時のように、



突然クラスメイトがツンデレ化した時など。




頭の中が真っ白になった僕は、しかしなんとか気を取り直し、何かしらのリアクションを取ろうと試みた。


が。




リアクションしづらーい!



以下、僕ことララルンバのその時の脳内です。



いやいや!

いやいやいや!

突然、明らかに狙ってツンデレになった人を前にして、一体どんな反応をすればいいんだ!?

学校じゃそんなこと教えてくれなかった!

これが社会に出たら役に立たない義務教育ってやつか!


ええい、話が逸れた!


冷静になれ、自分。

今はこの状況をどう切り抜けるかだ。


そうだ、秋葉原人はどんなリアクションをするか考えてみよう。



秋葉原人「うは、ツンデレwwww 萌えスwwww」



よし、それで――――


って行けるかあ!


確かにウケるかもしれんが、恥かしいやら痛々しいやらで当分立ち直れそうにないじゃないか!


何か、何か武器はないか!?



そうだ!

まるで


ツンデレキャラだったことを知っていたかのような反応をすればいいんだ!



そうだな、お前はツンデレだもんな、お礼なんて期待してないさ。


みたいなリアクションだ!




ってどんなりアクションだよ!?


わかんないよ! 分かりづらいよ!





この間数秒。

しかしそれは無限にも似た時間だった。

結局どんなりアクションをするべきか判断できずに立ち尽くす僕。


すると。


A子さん「……ありがとうございました」



うわあ……これって、



ネタを振った人にカバーさせる


という



最悪な展開じゃないか?





不甲斐なさで心が一杯になり、少し凹んだ残暑の午後でした。




ぬうう。

思い出しても不甲斐ない。

A子さん、ホント、ごめんなさい……



次は頑張ります。





はい、じゃあ、コメント返し!


パイクーハンさん>
どう注意しろと!?(笑
汗をかかないように、か?(笑

B子さん>
袴、まかせとけい!(笑




よし。


じゃあこの辺でおやすみですね。


では、また明日ー。






今日の教訓。
リアルツンデレは、扱いづらい。
【2007/09/05 22:56】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(2) |
えろーい。超えろーい。
最近の少女漫画ってすごいエロイ、ララルンバです。

塾の帰りにね、古本屋に立ち寄ったのですよ。

で、新條まゆさんの、「ラブセレブ」ってやつを、手に取ったのですよ。

びっくりよ、あれ。

うん。

そんだけ。




この日、9月4日は、引きこもり予備軍のO君の、誕生日です。

おめでとー。

ございますー。




今日、叔母ルンバの友人の娘さんが使っていた、僕の志望校の赤本を譲ってもらいました。

あと、問題集2冊と、面接の技法みたいなのを1冊。


で、問題を見たわけですが。


まず、国語ですが。


評論がない。


モノローグ調の小説(随筆)と、普通の小説の二つ。

あと、古文。


で、終わりと思いきや。


文学史の問題が……



英語に至っては、長文で、なぜか



文芸春秋について語りだすし……



もっとジムとかナンシーとかドミニクとかが出る話にしようよう……




まあ、頑張るよ、と。




ふう。

今日はなにやら疲れておりますな。

1時間目から体育でくるくるしたせいかな?



とりあえずコメント返し。


ヽ(・∀・)ノ さん>
隣ですねえ(笑
いや、他に呼び方が思いつかなくて……(苦笑

パイクーハンさん>
どーでもいいなおい(笑

U子さん>
りょーかいー!



さてさて。

さてさて。


いつもいつも、学校でネタになるようなことがあるのですが。

夜になると忘れちゃってるんですよ。

ぬうう。



そうそう。


せっかく髪切ったんで、爽やか系キャラを目指そうと、口調を変えてみたところ、キモイやらウザイやら、非難轟々でした。

やっぱ今までどうりでやっていきます。



あと、今日、巫女服を持って行く予定だったのですが、忘れてしまいまして。

持ってくるようにメールをくれたU子さんから、喉元にシャーペンを向けられ、


U子さん「明日」


と短く言われました。

けっこう、怖かったです。




あと、短文更新に飽きたという声がところどころであがっております。

何かネタがあれば長文もできるかな……?


とりあえず今度の体育祭に期待します。

安部総理やるし。




ぬあー。



眠い。


眠いぞー。





あ。




書き忘れていたことがありました。



バンプ好きのK君が、僕の書いた小説を載せろと言ってきました。

なんとなく、昔書いたのは恥かしいので、いつか適当に、思いついたように書いたのを、載せるやもしれません。


載せないかもしれませんが。

うん。




眠いー。


ので、寝ます。




どうでもいいけど、僕はベッドじゃなくて布団です。


叔母ルンバから、大学に入ったらベッドがいいと言われました。


理由は、



叔母ルンバ「もし間違って彼女ができて、家に来て、そういう雰囲気になった時に、布団だといちいち敷かなきゃいけないから萎える。ベッドにしとけ」



らしいです。


わかったかやろーどもー。


ベッドにしとけー。



じゃ。




眠いー。
【2007/09/05 00:39】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(2) |
くるくるローテンション。
実は8月の頭くらいに、プロフを作ってました、ララルンバです。

ついなんとなく。




今朝、鏡に映った髪の毛の短い自分をみて、気味が悪いと思いました。

はーやーくのっびっろー。




うんうん、ネタが無いねえ、どうしようかねえ。



最近、ふと、歩き方を忘れて、転びそうになることがあります。

少しじぃっと立って、今、前に出てるのは右足だから、次は左足、だよね?

と確認して歩き始めます。

よくあるよね?




今日、席替えがありました。

めろんさんの粋な計らい(偶然)により、一番後ろの席になりました。

後ろだと授業中不真面目になるってわけでもないけど、けど、やっぱり前より後ろがいいです。

ありがとうー。




お気づきの方も多いかと思われますが、ローテンションです。

何故だかひどく沈んでおります。




桜庭一樹さんの、「推定少女」って本を読みました。

主人公はボク女でした。

ひじょーに面白かったです。すごく心に残る本でした。




くるくる、くるくる。回りました。

何かといえば、フォークダンスです。

異性と手をつなぎ、音楽に合わせて踊り狂う、アレです。

すっごく疲れました。舐めてたぜ、フォークダンスの野郎、って感じです。

昼過ぎでした。

場所は、風通しの悪い体育館でした。


すっごく、疲れました。

本番、ブラックアウトして倒れるんじゃないかと不安です。

そしたらアロウが助けてくれると信じてます。ビリーブ。




今週の土曜、小論文模試があるそうですが、僕は受けないことにしました。

なぜなら、僕の志望する大学の小論が、やたら異質で、模試でそのためのスキルが育まれることは無いと悟ったからです。

だから、みんな、頑張れい。




ローテンションです。




先週、保健室の先生の話を聞いたところによると、私立文系の生徒は、毎年、後期に入ったあたりから、卒業するのにぎりぎりの単位を見極めて、学校に来る日と来ない日を自分の中で決めるそうです。

そしたら、朝から晩まで塾にいようと思います。

待ち遠しいです。




ふわ。



さあ、そろそろ、コメントを返して終わろうかと考えております。


最近、コメントが多くてすごく嬉しいです。

さんきゅー。

いえい。


パイクーハンさん>
そうだね。頑張るねー。

鉄さん>
し、しみる? 何のことか分からないけど……じゃあ、しみます(笑

M君>
同じ悪同士、仲良くしようぜっ。

ナンシさん>
他のがはみ出てもったいないよ?(笑



さあ、では、終わり―、です。


まったあっした。

バイバイー






明日もくるくるです。
【2007/09/03 23:12】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(3) |
うへぇ
頭痛い……ララルンバです。

こめかみ辺りからの鈍痛です。

ぬううう。




はい。

今日は、昨日言ったように、散髪に行きました。

えー、すごく、微妙です。

ぬう。

頭痛いし。




コメント返し。


パイクーハンさん>
一緒にこっち行こうよ(笑

lazyさん>
あの知的メガネな彼が君だったんですか!?
I君づてに、貸します(笑

S君>
良質なオタクって、どんなだよ(笑

I君>
本心じゃないよね?(笑



コメント多くて嬉しいですねえ。ふふん。




どうでもいい話ー。


文章を書くにあたって、いわゆる風景描写ってやつが苦手で。

だからいつも、ぼうっとして暇な時は、適当に見てる風景を描写して、暇を潰します。

そんだけ。



うああ、頭が痛い。

割れるように痛い。

割れてんじゃないの?



シャワー、浴びます。


出て、ちょっと本読んで、寝ます。


朝になったら起きて、ご飯食べて、学校に行きます。


学校から帰ったら、少し本を読んで、塾に行きます。


塾から帰ったら、パソコン点けて、メールとか更新とかネットとかして、風呂に入ります。


風呂から出たら、少し本を読んで、寝ます。




よし、これからの予定は決まった。



まず、シャワーを浴びよう。


では、また。




あたまいてー
【2007/09/03 00:41】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(4) |
カラオケプリンゼリー
明日、髪切ります、ララルンバです。

何て言って切ってもらおうか考え中です。

軽くして。

でいいかな。




わが家は、休みの日だからといって昼までダラダラ寝ることもなく、まあ朝ご飯のため、休日も大体八時くらいには起きます。


朝食はオムライスでした。

好きだけど、できれば昼とかに出して欲しかったよ母ルンバ。


で、12時過ぎまで勉強。

月曜日、塾で英語のテストあるんで、それに向けてもりもりと。


昼ご飯食べて、部屋で本読んでたらうとうとして、ぼうっとipod聞いて。


2時半くらいに予定通りY君から電話があって。


Y君「ジュンク堂とアニメイト、どっちで待ち合わせる?」

僕「ジュンク堂にしよう。お互いのために」


そんな会話をして、着替えて街へ。


えっちらおっちら自転車を漕ぎ、適当なところに止めて歩いてフォーラスへ。


ジュンク堂のライトノベルコーナーで、二週間ほど前に行った時には無かった、「推定少女」を発見。

GOSICKシリーズと合わせて購入。

「ブルースカイ」を探すため、下の階に下りて、Y君たちと合流。



Y君「あれ、お前、珍しく普通の格好してるな」

I君「おお、そういえば!」

僕「そう? いつも通りやん?」
(ブラックジーンズに白タンクトップと黒シャツ)

Y君「いやいや、だって上に二枚着てるし」

I君「何か普通の人みたいでやだ」

I君たちの学校の二人は、何故か爆笑。

で、みんなでカラオケへ。


フリータイムで入り、適当に歌い、6時半から親と街で夕食を取る予定だったので、6時過ぎにお金払って出ました。



自転車を漕ぎ、フォーラス前に止め、トキワへ。


この日の晩餐会は、昨日の祖母ルンバの誕生日を祝うものでして。

僕は、家族の誕生日イベントには、何かスイーツを送るのが常でして。


トキワの地下のお菓子さんに行ったのですが、何しろ持ち帰り時間がどのくらいか微妙で。


チーズケーキが美味しいお店なのですが、プリンとかゼリーとかのカップ系が妙に美味しそうで。


とりあえず営業スマイルを絶やさな店員さんに持ち帰り時間について尋ねることに。


僕「あのー、2時間くらい大丈夫ですかね?」

店員さん「はいー、保冷剤使えますからー」

僕「へえー。最近の保冷剤、やりますねえ」

店員さん「はいー」


なんて、なんともいえない会話を交わし、プリンやらゼリーやらを4つ購入して、待ち合わせのお店へ。




で、ご飯食べて、むせて、お腹痛くなって、頑張って自転車漕いで祖母ルンバの家まで帰って、世界陸上見ながらプリン食べて、帰宅しました。



ふう、疲れたー。


先ほどからパイクーハンさんから更新しろとのメールが来るので、この辺で。




今日一日で、魔法のようにお金が無くなったのは秘密です。
【2007/09/02 00:18】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(4) |
おーかーねー、無い!
髪どうしよう、ララルンバです。

散髪行くにしても、どうカットしてもらえばいいものか……

ぬう。




桜庭一樹さんの本が気になると言い出して半月。

彼女の本が、手元に11冊ありますよ?

か、買いすぎたかも……

しかし、GOSICKシリーズはあと2冊あるし、推定少女とブルースカイも欲しいし……しかしお金があああ


はっ!


そういえばまだお小遣いもらってないよ!?

小遣い日は小学校時代から毎月30日だよ!?

ちょっともらってきます。









いざ枯渇した財布を潤おさんと居間に行くと、布団に入ってテレビを見ている父&母ルンバ。


僕「昨日小遣い日じゃね!?」

母ルンバ「…………」

父ルンバ「…………」



なんとか言っておくれよ……



僕「あの……」

とりあえずお小遣いの申請を続けるべく、口を開こうとすると、

テレビのリモコンを持っていた父ルンバがそれを僕に向けて、


父ルンバ「ブチン」



「消さないで!?」




母ルンバ「そういえば小遣い日だったね」


僕「うん」


母ルンバ「父ルンバ、あげた?」


父ルンバ「うん」



「くれてないから! もらってないから!」



母ルンバ「わたし、今お金ないー」


父ルンバ「俺も、財布車においてきたー」


母ルンバ「金くれー」


父ルンバ「くれー」




僕「たからないで!? ていうか何よこの状況!?」




父ルンバ「小遣い、いくらだったっけ?」


母ルンバ「三千円」


僕「違っ! 少ないよ! 五千円だよ!」


母ルンバ「そう?」


僕「そうそう。 ……って、あれ? 今七千円って言ったら、七千円になったの?」


母ルンバ「ばーか」


父ルンバ「ばーか」




何なんだこの両親は……


で、結局、

母ルンバ「今おっきいお金しかないから、明日崩してあげるね」

僕「らじゃ」


って感じでした。





てなわけで、明日はジュンク堂に行こうと思います!

で、I君やY君やM君、さらにその友人のT君や、まだ会ったことのない1人とカラオケに行く予定であります!

楽しみだねえ。



そう、今日、学校帰りにI君に遭遇しまして。

自転車ですれ違いかけて、なんとなく止って。


僕「うち行く?」

I君「おう」


ってな感じで、家に来ました。

で、


僕「何か、体育祭で安部総理やることになったんだけど」

I君「うん。日記読んだ」

僕「どうよ?」

I君「うん。


似てないよね




ごもっともです。



で、カラオケの話になって、別にかまわんよ、って返して。明日の予定が埋まったというわけです。

9時ごろ「明日行くぜ?」とメールくれたヒンバくん。メールでも言ったが、すまんね。



では。

12時半も過ぎたことですし。

コメント返して終わります。


パイクーハンさん>
そうなったら、僕は日本を捨てるよ(笑






十字をーせーおーい、死ぬー気でほのーかけろー♪
【2007/09/01 00:47】 | 日常ってやつ | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。