FC2ブログ
プロフィール

ララルンバ

Author:ララルンバ
クソ面白くないブログです。
それは僕がつまらねえ人間様だからです。
よろしくさん。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ララルンバゾーン

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
田舎から都心にワープした学生の日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
悪魔のプレゼント・3
趣味は読書と遊び、のララルンバです。

上の、『遊び』の種類は多種多様ってことで。

このブログもある意味遊びですしね。

うん、けっこう楽しいよ。


ってわけで、今回で悪魔のプレゼント編は恐らく終りを告げるでしょう。

長いことありがとう。明日からネタどうしよう?

コメントもたくさんありがとうございます! 同じ人からのものが多いのは気にしない方針で。

ちなみに、このブログ、遂に25位まできました。

これは、もう上位と言っても過言ではないのでは!?

いや、過言でしょうね。

ではでは、プレゼント3です。1・2を読んでからの方がいいですよ。
※ちょっと粗筋

巫女服を着て写メされるララルンバ。でも、これで終り! もうこれ脱いで終り! やったぜ父ちゃん、俺、やったぜ! なんて心の中でガッツポーズをとっていたララルンバ。しかし、その後思わぬ展開に―――!?



ここから本編

プロローグ

僕「俺、みんなのこと信じていたかったんだ…………

 でも………

 もう無理」





巫女服に着替えた僕を好きなだけ写メしたY君とM君。

そして、満足そうな顔をしたI君。

どうやら十分堪能していただけたらしいです。よかったよかった。体張ったかいがありましたよ、マジで。

僕「じゃあ、もう脱いでいい?」

当然脱げると思いましたが、一応聞いてみる僕。




♪理想♪


I君「ああ、いいよ」

Y君「おつかれさん」

M君「面白かったよ」

みんな、僕の頑張りを認めてねぎらいの言葉をくれました。


…………………あのさ、知ってた?





現実って甘くないんですよ







♪現実♪


僕「じゃあ、もう脱いでいい?」

I君「は? ふざけんなよ? まだ着とけって」

おいおい、何を言いますかI君。もう十分でしょう? 写真だって撮ったでしょう? これ以上何を望みますか?

そう反論しようとした時、Y君が思いだしたように言いました。


Y君「あー、そういえば、腹減らねえ?」

わかりますよ、その気持ち。もう6時近いですしね。晩ご飯時ですからね。お腹も空くってもんですよね。
でもさ、Y君。




その妙な笑顔は何ですか?




M君「じゃあ、新○市場行こうか」

新○市場ですか。6時からタイムサービスで惣菜が半額ですからね。お弁当とか200円で買えますからね。お得ですもんね。分かりますよ、その考え。
でもさ、M君。



Y君と目配せするのは止めてもらえます?

……

…………

・………………?



場に妙な空気が流れ始めましたが!?



WARNING! WARNING! これはヤバイ空気ゼヨ!? さっさと逃げた方がいいゼヨ!!



僕の中にある次世代シックスセンス(土佐弁)がそう警告しています。



僕「………えーっと、じゃあ、着替えて行こうか?」

引きつった笑顔で言って、袴を脱ごうとする僕。が、


I君「ホラ、行くぞ☆」

笑顔で手を引くI君。


…………ああ…………


Y君「早くしないと弁当がなくなっちゃうダロ☆」


扉を開けて、僕へ進む道を示すY君。


なんでだろ…………?


M君「着替えてる暇なんてないYO☆」

みんな、さ、



実際に語尾に「☆」が見えるよ?



僕「いや、ちょ、………マジで?」

I君「大丈夫だって☆ 誰も気にしねーよ☆」


いや、気にするでしょ?
6時のタイムサービスでちょうど込み合ってる時間帯のスーパーに、

巫女服着た男子高校生

がいたら、みんな見るでしょ?


UMAレベルにありえないでしょ?



僕「マジありえないから!」

僕は使命をまっとうしたはずです。なのに、この仕打ちは無いだろ!?

I君「あー、もう、いい加減にしろって!」




逆切れ!?





どうしても僕に変態のレッテルを貼りたいらしい3人と、

今までどうりの清く正しく美しい高校生でありたい僕。



しかし多勢に無勢。

よく分からない理屈と脅し(お前、さっきの写真ネットで公開するぞ!?)に屈服しそうになる僕。




……イジメカナ?



挙句、

裸じゃないんだし、このまま行っても変じゃないんじゃねえの?


なんてことを考え始めました。

そして、あいつが言い放った決定的な一言。






I君「ブログのネタになるじゃん?☆







ああ………………





行く(逝く)か………………



やっぱ続くよ4までは♪

いや、決して明日のネタを確保するためでは………
スポンサーサイト
【2007/02/25 23:14】 | 体当たり系 | トラックバック(0) | コメント(5) |
<<悪魔のプレゼント・4 | ホーム | 悪魔のプレゼント・2>>
コメント
昨日も言いましたが、彼のことを・・・以下略・・・
彼はほんとよくがんばりました!w
心からご冥福をお祈りしてください!ww
それでは・・・黙祷!!!www
【2007/02/25 23:21】 URL | I君 #-[ 編集]
人の目ってときにはどんな言葉の暴力よりも痛いものですよね☆
【2007/02/25 23:41】 URL | Y君 #-[ 編集]
いやぁ愉快愉快

新鮮市場の老婆の一言が忘れられませんなぁ
【2007/02/26 01:28】 URL | M #-[ 編集]
つか、その事実ざわわがしったらビックリ仰天だよね(笑)
ララルンバって昔から変態癖あったから……結果オーライだよね☆★
その場にいれなかった事が悲しいよ(´_ゝ`)
一皮向けて最高↑↑またネタ作りの為に体張ってください♪♪でわ~~

PS、友人Yへ。写メ送ってくれたら最高v(`∀´v)
【2007/02/26 17:21】 URL | パイクーハン #-[ 編集]
Yへ♪
画像頂きました(´∀`)ノありがと~http://blog94.fc2.com/image/icon/e/343.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog94.fc2.com/image/icon/e/343.gif" alt="" width="14" height="15">
【2007/02/26 23:05】 URL | パイクーハン #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rararunnba.blog94.fc2.com/tb.php/11-e279c2a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。