FC2ブログ
プロフィール

ララルンバ

Author:ララルンバ
クソ面白くないブログです。
それは僕がつまらねえ人間様だからです。
よろしくさん。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ララルンバゾーン

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
田舎から都心にワープした学生の日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
オタク回避。
原点回帰の続きです。





プカプカ店内に入ると、O君はつかつかと規則正しい歩調で、18歳未満お断りなカーテンの向こうへ。

とりあえず僕もお邪魔して、いわゆる


エロゲ―


を物色するO君の横でぼーっと突っ立っていました。



で、少ししてカーテンの外へ。

ちょっとハードカバーの本やらを物色して、特に何も無かったので、そのまま店を出てジュンク堂へ。



ジュンク堂では、O君は「ロリコンフェニックス2巻」、僕は桜庭一樹さんの「赤朽葉家の伝説」というハードカバーの本(1700円)を購入し、外へ。


外に出ると、ぽつぽつと雨が降り出していました。


パルコ前まで移動し、自転車に乗って漕ぎ出すと、ますます雨脚は強くなり、止む無くコンパルホールの横にあるゲーム屋さんで雨宿り。








事件はそこで起こった。







その店内でも、やはりO君はまっすぐにカーテンの向こうへ。

まあいいけどね。もう君18歳だしね。


しかしそこのカーテンの向こうは、プカプカのそれよりも充実しているようで、O君はいろんな箱を手にとっては戻し、携帯を弄りを繰り返しています。

暇になったので、1人でカーテンの外へ。



カードゲームのコーナーに、O君のやってるガンダムのカードゲームがあるのを見つけ、何気なくそれを手にとって見ていると。




僕の隣。


メタボリックどころの騒ぎじゃない。


一体何を食べて育ったのですか?


的な二十代後半の男性が1人、かがんでいました。




ザ・他人。




これまでの僕の人生において、一片の関わりも持ったことのないその人。



そいつが何故か、僕の方を見ています。



すみません、にやにやしないでください。



困惑する僕。


そんな僕を見て、にやにやしながら、口をひらくメタボさん。



メタボさん



「買ってもやり方分からなかったら、意味無いよ」




僕「は、はあ……」




キイテマセン




メタボさん




「意味、無いよ?」





僕「はあ……」




ドチラサマデスカ?




若干どころじゃない。

ドン引きという表現すら生ぬるいような引き方で、多分引きつった笑いを顔面に貼り付けて立ち尽くす僕。

こわい。

きもいとかなんとかじゃない。


こわい。




そしてさらに。






追加イベント発生。






じゃららーん♪





メタボさんは仲間を呼んだ。





呼ばれたのかどうかはともかく、二人の明らかにオーラが一般人のそれと違う、選ばれた戦士が現われ、メタボさんに声をかけました。



戦士A「何してるの?」



メタボさん「いやあ、買ってもルール知らなきゃ使えないって教えてたんだ」



戦士B「ふうん」




そこで3人の視線が僕に集中。




みなさん、そのにやにやした笑みを消してください。


もう僕は泣きそうです。






こわいこわいこわいこわいこわいこわい。





耐えられず、引きつった笑いのまま泣きそうになりながら、O君のいるカーテンの向こうへ。


さっきと同じく、エロゲ―を物色しているO君。

その姿を見た瞬間、安堵というかなんというかで、ホッとして、どっと疲れが来ました。



で、ことの顛末をO君に話すと。



O君「そういうやつらには、『ウザイ黙れ』って言えばいいんだよ」

と吐き捨てました。


そ、それ怖くね!?




でまあ、分別の無いオタクは最悪だとかの話をされ、


O君「ところでお前ならこのエロゲ―の中でどれを買う?」


と400円やらのワゴン売りのエロゲ―を指差しながら言われ、

適当に一つ選んで渡すと、携帯でそのタイトルの何かを検索して、


「61点か……良作か凡作ってあたりだな」


とO君が一人ごちていたころには、もう恐怖心は無くなってました。




そんなこんなで、夏でもないのにホラーを体験した僕は、O君と二人、やはり雨に打たれながら帰宅したわけです。




帰宅後、やることの無くなった僕らは、僕の思いつきで桜蘭高校ホスト部のDVDを見ることに。



見ていると。



O君「俺はこれ、ダメだわ」


僕「そう?」


O君「んー、俺、こういう



美少年至上主義



みたいなのがダメなんだよね」




僕「ふうん」



…………って、



僕「でもお前、





美少女至上主義じゃね?」


だったらこう、ねえ?

アレじゃん?





O君「はあ? それは普通だろ?」




さよで。



で、夕方、O君はお勧めの漫画「らきすた」「ぽてまよ」「GA」「WORKING!!」を置いて、帰りました。


全部中身は4コマ漫画のようです。





ふぃー。


ってわけで、今日は精神的に疲れた一日でした。


あー、こわかった。

もうこりごり。




ってわけで、これにて御免です。

久々の長文更新で疲れました。


順位、21位を保ちながらいい感じです。


これからもよろしゅうに!



ではっ!






元気があれば、寝る前にまた更新するやもねっ!
スポンサーサイト
【2007/09/16 20:31】 | お出かけ系 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<DS欲しいなあ。 | ホーム | 原点回帰。>>
コメント
オタクがオタクにからまれたなhttp://blog94.fc2.com/image/icon/i/F995.gif" alt="" width="12" height="12">
【2007/09/16 21:07】 URL | ササルンバ #-[ 編集]

類は友を、
オタクはマニアを
そして
ララルンバはキモキャラを呼びましたとさっ!
【2007/09/16 21:48】 URL | lazy #-[ 編集]
エロゲー君≒キモオタでファイナルアンサー?
【2007/09/16 22:56】 URL | S #-[ 編集]
一生の思い出ができてよかったじゃん(笑)
【2007/09/17 00:26】 URL | I君 #-[ 編集]
そいつは人生の歩き方を知ってるのか?
【2007/09/17 01:27】 URL | M #-[ 編集]
上には上がいたんだね♪
あ、ララもだいぶ来てるよ?(笑)
【2007/09/17 02:46】 URL | パイクーハン #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rararunnba.blog94.fc2.com/tb.php/125-c9ca5159
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。