FC2ブログ
プロフィール

ララルンバ

Author:ララルンバ
クソ面白くないブログです。
それは僕がつまらねえ人間様だからです。
よろしくさん。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ララルンバゾーン

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
田舎から都心にワープした学生の日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
女の子必見!
最近本読んでばっかりのララルンバです。


最近のグダグダな文章と更新時間の遅さからか、ランキングの順位も目を見張るほどの急降下っぷりです。


何か対策をうたねば。


でも、この前みたいに、突然わけわかんない企画を考えても自分の首をしめるだけですし……


やっぱりあれですか?

他の学生ブログの人が書くように、僕も



詩なんかを書き綴るべきですか?



こう、どこぞの歌姫なんかが囁くような、



愛を語るべきですか?



そしたらあれですか? 

ランキングは急上昇ですか?

おまけに、女の子から

「いやん、こんな素敵な詩がかけるなんて、わたし、ララルンバさんのこと勘違いしてたみたい! 今まで、巫女服着てアニメイト行ってBL本買う変態さんって思ってたわ! でも違うのね! こんなに美しい愛を語る人は、きっとその人も愛に溢れているのね! ぜひ一度会ってみたいわ! メール待ってます☆」

なんて、


メアド添付のコメントですか?


もしそうなら、書いちゃうよ?

いいの?

ララルンバ、調子のっちゃうよ?

いいの?




って、




いいわけない。




ていうか、




詩なんて書けません。




結局、今までどうりよろしく、ってことで。
今日はララルンバ、男の落とし方について語ってみます。



女の子は、男という生物を知り、そして幻滅するいい機会です。

また、男は、僕の意見に共感し、涙を流すにちがいありません。

注)わりとキてます。




男というものは、誰しも


女の子の尻にしかれたい!


という願望を強く抱いています。


「おしとやかな女の子が好き」

なんて言ってる男には、嘘つき、虚言癖の称号をさし上げてください。


そういうやつに限って、


おしとやかな子が急にわがまま言ったりするのを強く望んでいるのです。←メモ

注)けっこうキてます。



ためしに、片思い青春ロード爆走中の女の子は、その相手にさんざんアプローチをかけまくったあと、突然冷たくしてみましょう。

すると、男は気になります。あれ? どうしたのかな? 昨日までは日に何度も話しかけられてたのに。 俺に気があったんじゃないのか? ……よし、ちょっと、こっちから話しかけてみようかな……

なんて思うわけです。やったね、女の子!

え? 相手が自分の好意に気づいている保証がない?


大丈夫です。


男は勘違いしやすい生物ですから。


ちょっとしたことで勘違いします。

女の子と話してて、その子が自分の話で笑うだけで、


あれ? こいつ、俺のこと好きなんじゃね?


とか思います。

注)かなりキてます。


だから、大丈夫。安心していいですよ。



ところで、女の子はここで少し気をつけなければならないことがあります。


まず、自分が、男の方から話しかけやすい状況にあるのかどうか。

周りに女友達がいる、コレダメ。ムリ。

まあ、そんなの気にしないツワモノもいるけど、ごく少数。

彼はそんなチキンじゃないわ! なんて言わずに、とにかく一人になってあげましょう。


そして、携帯をあたっていないこと。

携帯電話をペコペコやってる女の子へ話しかけるのは、それはもう、男にしては、すごい勇気がいることです。 
勇気ゲージが100なら、90は消費します。その後の会話で使う勇気ゲージを考えると、話しかける時に消費する勇気ゲージは、せいぜい30で収めたいです。

彼はララルンバみたいなチキンじゃないわ! なんて妄想は捨てて、とりあえずぼーっとしてましょう。


そこまで準備を整えてあげて、やっと男は話しかけることができるのです。


男「何ぼーっとしてんだよ?」とか、当り障りのないことを言うことが予想されます。


さあ! ついに憧れの彼が話しかけてきました!

心の中で7人の小人が小躍りしています!

ララルンバさんの言ったとおりだわ! ララルンバさんマンセー!


でも、ここでポイント。


嬉しくても顔に出しちゃだめ。



できるだけツンとすまして! ツンと!

気だるそうにしてるのもNG。あ、何だ疲れてるだけか。ってなっちゃうから。

とにかくツンツンして! ツンって!



そしたら、ツンってしたまま言うのです。


女「べ、別に、関係ないでしょ。 あ、あんたこそ何よ?」


と、怒っていることをアピールしつつ、相手を逃がさないように質問をぶつけます。
そして、かなり高度なテクニックが必要だと思われますが、


どもって下さい。


単純な男は、
どもり=緊張と捉えます。


俺に話しかけられて緊張してる? ってことは、やっぱ好きなんじゃね?

なんて思うわけです。バカです。

でも、と、男は考えます。

じゃあなんで今日はこんな冷たかったんだ?

そして、

男「いや、なんか、ぼーっとしてたから……」


こんな答えを返してきたら、



もう勝利宣言していいです。


あとは最後の仕上げです。

女「だ、だって……」


男をせつなそうに上目使いに見て言ってやってください。さらに、「……」の部分は、なるべく長く。男がじれったくなるまで。

おそらく30秒もせずに、男は痺れを切らします。

男「だって、何?」

そんな風なことを言ったら、仕上げの最終兵器をかましてやってください。



女「だ、だって………わたしがこんなに好きなのに、少しも気づいてくれないじゃない!(涙目)


………………


ようするに、アレだ。





ツンデレ?




いわゆる、





ツンデレ?





はい、


終~了~ カンカンカンカン



その瞬間、その男は完全にあなたの虜です。あなたの犬です。ワンと鳴きます。

注)もう手遅れです。


なに、こいつ、こんな可愛かったっけ!?

とかなります。


もしこれでも相手の男が自分になびかなかった場合、残念ながらその彼は


ホモかその類の可能性があります。


ゲイボーイの称号をあげてやってください。



※この内容は、すべてララルンバの妄想、空想、その他フィクションであります。要するに、実際にありえないことがおきてます。ご了承をば。
スポンサーサイト
【2007/03/04 03:17】 | 妄想弾き語り系 | トラックバック(0) | コメント(7) |
<<淡々日記 | ホーム | ってわけで、>>
コメント
ありえんから(笑)途中まで当たってたけど…ツンってないから!!ツンって…( ̄○ ̄;)
しかもそこで告白って余程の…………
お疲れ様♪
【2007/03/04 14:18】 URL | パイクーハン #-[ 編集]
わかる☆☆途中までは当たっとったわ↑↑ばってん,それからは俺に対してテポドンを発射したよぉにしか思えんばいΣ
まぁ,こぉいうの好きよ♪
【2007/03/04 15:42】 URL | Y.灼?竪 #4JcWZNxE[ 編集]
それってポ○モンでもできる!?
【2007/03/04 17:01】 URL | Y君 #-[ 編集]
相手はフシギバナだな
【2007/03/04 18:18】 URL | M #-[ 編集]
あながち間違ってもないです。
【2007/03/04 19:35】 URL | <二号> #-[ 編集]
。。。半分あたってる気がしますね。まぁ、男ですしね、わかりますけどね、でもやっぱりあれはどうなんでしょうね。ホモってのもね。でもこれ、実際ポ○モンやってたら少し怖いのは僕だけでしょうか?>Y君さん
【2007/03/04 20:07】 URL | みすたーふー #-[ 編集]
実際かなり怖いです!いつ行動に移されるかを考えると夜も眠れません・・・(涙)
【2007/03/05 00:56】 URL | Y君 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rararunnba.blog94.fc2.com/tb.php/17-dd201763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。