FC2ブログ
プロフィール

ララルンバ

Author:ララルンバ
クソ面白くないブログです。
それは僕がつまらねえ人間様だからです。
よろしくさん。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ララルンバゾーン

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
田舎から都心にワープした学生の日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
行っちゃった・4
はいはい、今日二度目の更新のララルンバです。

まあ、昨日休んだし。なら今日頑張ろう、ってアレです。


あ、リンクの、「引きこもり予備軍の閉鎖空間」は、友だちが始めたやつです。
1回ブログのネタにもしました。すぐわかると思います。


ああ、そうそう。

背景変えました。

これ、上の絵が気に入ったので。

ちょっと重たくなりましたね……

前の方がいい! って人がいたら、どうぞ。前のやつに戻しますんで。


ではでは、メイドカフェの話も、多分これで終りです。

1~3を読んでない人は、そっち読んでからがいいと思いますよー。
萌えパフェを注文するのに、あまりに体力を使いすぎたためか、僕はアイスココアを一気に飲み上げる勢いで飲んでいました。

アロウ「飲むの早すぎ」

僕「いいじゃん」

I君「いや、そりゃねえよ」

なんて会話をします。


ところで、店内に入ってから今までの会話、ほとんど小声です。

なぜかというと、お客さんが僕たちだけなわけで、店内は小さなBGMが流れてるだけなわけでして、


つまり、普通の音量でしゃべったら、


メイドさん方に会話丸聞こえ


なのです。

迂闊に店の感想なんて話せません。


下ネタもはばかられます。



結果、とりとめのない会話がなされるわけで、

とりとめが無い会話とは、そのとうりとりとめがないわけで、

とりとめってなんだろうとか思うわけで、


要するに、




記憶にございません。




ホント、すみません。

とにかく、何か話してたわけです。


すると、


「お待たせいたしました。萌えパフェになります」


おお、きた。


萌えパフェ


が来なさった。


実は、オムライスではなく萌えパフェを頼んだのには、ちょっとした理由がありました。

それは、



一体パフェの何処に萌え要素が隠れているのか?



という謎を解き明かすためです。



机の上に置かれたパフェを、某鑑定番組のように、よく観察します。



……おお……これは……!


このなめらかで美しいクリーム……!

そこに猛々しく突き立てられたポッキー……!

その下に眠るの純白のバニラアイス……!

それら全てを優しく、しかし力強く支えるコーンフレーク……!


ああ、




萌えー



って、



誰がなるか!



そう、それは、どっからどうみても、パフェでした。

萌える要素なんざありません。


期待してたのに……


一口食べては「萌え!」


二口食べては「萌え萌え!」


みたいなパフェを期待してたのに……


まあいいや、とにかく食べよう。


そうしてスプーンでクリームをすくおうとして、ふと、気づきました。


クリームの上に、何か白いピラピラが付いてる……?


なんだこれ?


ちりめん?


あ、

そういえばメニューに、


萌えパフェ・700円

(ココナッツ)


ってあった!


ってことは、多分これがココナッツ!


……もしや、


これが重要な萌えアイテムですか!?


これを食せば、一口食べ(以下略)


よし、確認しないと!

意を決して、それを口に運びました。


…………ん?


コリコリする……でも、



味しない……



…………


萌えねえよ……


なんとなくガッカリしました。

まあ、おいしかったですよ。普通に。


I君にも食べさせたり、アロウ君に「俺ココナッツ苦手だから」と断られたりしながら、10分ほどで完食しました。


…………さて、


僕「……どうする?」

I君「帰る?」

アロウ「帰る?」


理由もなくこの空間にいるのは目に余る痛々しさだと判断し、そろそろ会計しようかと思っていると、



メイド「あのー、コミュニケーションノート、いいですか?



…………ナニソレ…………?



僕「へ?」

メイド「あの、このノートに、ご主人様からのメッセージを書いてもらって、今度ご帰宅なされる時までに、わたしが返事を書いておくっていうやつなんですけど……」


なるほど。


要するに、


また来いよ、と。


僕「すいませんが、もう二度と帰宅しませんので」


なんて言えるわけないですよねー。



僕「あ、じゃあ……」

と、ノートを受け取りました。

中身を見ると、


意外にも女の人のお客さんが多いこと多いこと。



この町、大丈夫?



で、ノートを書いていると、


メイド「今日、初めてですか?」

I君「…………」

アロウ「…………」


二人とも無視ですかー。


なら僕が答えるしかないわけね。


僕「あ、はい。そうです」


メイド「あの、どうですか?



またまた、メイドさん。



一番答え難いことを聞きますね。



僕「まるで学校の文化祭かと思いましたよ、はっはっは」


なんて言えるわけもなく、だからといってどう言えばいいのかもわからない。


僕「えーっと……」

すると、そんな僕の内心を悟ったのか、メイドさんが話しを変えてくれました。


メイド「今日は平日なんで、いつもよりメイドが少ないんですよ」

僕「あ、そうなんですか?」

メイド「はい。休日なんかは、もっとメイドもお客さんも多いんです」


まあ、平日のこんな時間に来る人はいないでしょうね。


僕「へえー」

メイド「みなさんは……?」

僕「学校が入試休みなんです」

メイド「へ? じゃあ、高校生ですか?」

僕「はい、今二年生です」



なんて、けっこう話しました。

ちなみにI君とアロウは、相槌うったり、僕の発言にうんうんと首を振ったりです。 チキンめ!


ノートは、適当なこと書きました。

名前は、ララルンバと書くべきかどうか迷ったあげく、


ルンバ


なんじゃそりゃ……


I君もアロウも書いて、

アロウは一言「バルス!」と。

ジブリ好きな人は分かるのでは?


で、会計。

ポイントカードももらいました。

誰かいる? あげるよ。


まあ、いろいろあったけど、楽しめたといえば楽しめたかな?

ブログのネタにも、こうやってなってるわけだし。


そんなことを考えながら店を出ようとすると、厨房からさらに二人メイドさんが出てきました。


今まで接客してくれてたメイドさんは、最初にカウンターに座ってた人だったので、彼女以外のメイドさんを見るのは初めてでした。


そしてご丁寧にドアを開けてもらい、外に出るとき。



3メイド「行ってらっしゃませ、ご主人様



………………まあ、覚悟してましたけどね。

ていうか大分この状態に慣れたのか、そこまで恥かしくないという事実。


そのとき、ふと、一人のメイドさんが、他の二人と少し違うことに気づきました。

他の二人のメイド服は、膝上のミニでした。

が、その人のは、


足元まであるロングでした。


それを見た瞬間、



あ、長いメイド服の方が萌える。





………………





………………!?




今の心の声は何!?




萌える、って…………

自然に出てきた…………




大丈夫か? お前(僕)?




二度と行かないと、誓います。


PS

この数日のブログのおかげで、「もえ」と打って変換すると「萌え」が真っ先にでるようになりました。
スポンサーサイト
【2007/03/12 01:16】 | 体当たり系 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<クラスマッチ | ホーム | 行っちゃった・3>>
コメント
メイドからどうでしたかと問われた時は俺が最初に発言しましたよ(´~`)
【2007/03/12 02:14】 URL | ア・ロゥ #-[ 編集]
今度返事をもらいに行けよ(笑)出来れば一人で
【2007/03/12 09:07】 URL | Y君 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rararunnba.blog94.fc2.com/tb.php/24-2f361452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。