FC2ブログ
プロフィール

ララルンバ

Author:ララルンバ
クソ面白くないブログです。
それは僕がつまらねえ人間様だからです。
よろしくさん。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ララルンバゾーン

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
田舎から都心にワープした学生の日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
羞恥心は人の心を成長させるものであるのだが、それはあくまで適量の場合で、過ぎた羞恥心はその人の心を深く傷つけるのですよ・1
ギターはそこまで上手くない、ララルンバです。

学校で「ギター弾けるの?」と訊かれました。

「少し……」

なんて、すごく曖昧な返答をしました。

ぶっちゃけどのくらい弾けるのか、というと、

バンプオブチキンの、sailingdayと、スノースマイルが弾けるくらいだと思っていてください。

ていうか、そのくらいです。





はい、順位も順調に落ちて、今30位くらいです。


どうやら、強制ランクリについて批判すれば、順位が上がるみたいです。

じゃあ、批判しようっと。



強制ランクリとか、止めた方がいいよっ!

ダメ、ゼッタイ!!

ほら、道徳的に、ねっ!!



ふう。

よし、これで恐らく、来週の今ごろはまた10位以内に戻ってるかな?




あと、昨日更新できなくてごめんなさい。

管理人ページに入れなくて……

『サーバーが見つかりません』

とか言われちゃいまして。

意外と焦りました。

もう大丈夫っぽいです。



じゃあ、コメント返します。


山・本太郎さん>
い、意外だな……(笑
ちなみに、ラ・ラルン・バってことで(笑
毎日来てくれてるんですか~。
ホント、ありがとうございます。
サンキュー(笑

パイクーハンさん>
残念ながら、ないよ(笑

I君>
もう二度と着ないよ☆

調理のあの人さん>
まあ、個人情報ってことで(笑

鉄さん>
旅行かあ、いいなあ……
お察しのとおりです(笑

M君>
野良犬さんに失礼ですよ。



ひあ。

……打ち間違えた……

はい、って打つつもりだったのに……

ひあ、って。

ナニソレ。




というわけで、

プレゼント再来、どうぞ。
5月8日、火曜日。

朝。

太陽の日差しが夏のそれになってきたことを、文字通り肌で感じながら僕ことララルンバは自転車を漕いでいた。

いつも通りの朝だった。

違うのは、お弁当がいつものように手提げカバンの中に入っているのではなく、背中のリュックの中にあることと、


そのお弁当の定位置を、



別のものがパンパンに膨らませている



という点だけだった。




ふと、数ヶ月前の記憶が脳裏をよぎる。




忘れ得ない興奮。

突然言い渡された絶望。

この世のモノとは思えない羞恥心。





体が熱くなるのは、日差しのせいだけではないだろう。


目をつぶればほら、まだ思い出せる。



目蓋の裏に浮かぶのは、




視線。


視線。


また視線。






心が負った傷跡は、予想以上に深いようだ。






『パンチラバイブル・巫女編』






何故こんな忌々しい物を学校に……






話は数週間前に遡る。

(小説風に書くの、飽きたので、ここからいつも通りです)



ある日、このブログことでクラスメイトと会話をしていた時のこと。


突然、柔道部でメガネが似合って鎖骨が好きなJ君(鎖骨遠足参照)が、こんなことを言い出しました。






J君「巫女服、持ってきてよ」






サワヤカな笑顔で。

白い歯とか、キラーンって、なって。



正直な話、2年生の時にも、何度かクラスメイトに頼まれたことがあったのですが、


持ってきたところで誰も着たがらない
(もちろん僕は着る気ない)


ってことを理由に、断り続けてきたのです。


何しろ、箱が大きいのです。

いつも使ってるサブバックが、いっぱいいっぱいになるもの。


それで誰も着ないなんてなったら、無駄骨もいいところなわけです。


だから、今回も、いつもと同じように断るつもりでした。



僕「別にいいけど、着てよ?」



と。


誰でも、傍観者として楽しみたいものです。


当事者になんてなりたくないのです。




普通は、ね。






結論から言うと、








J君は普通じゃなかった







ただ、それだけ。





J君「いいよ」



先ほどと同じように、嫌に爽やかな笑顔でそう言うJ君は、


とても見ていて痛々しいものでした。






続きます。
スポンサーサイト
【2007/05/10 00:05】 | 体当たり系 | トラックバック(0) | コメント(5) |
<<ちょっとブレイク | ホーム | ……だあっ!>>
コメント
J君ゎまさに「神」としか例えようがない男である…(-_-)/y/~~
【2007/05/10 00:18】 URL | Nクン #-[ 編集]
J君のような、器的に人間的にデカい人が日本を動かすんでしょうね。
【2007/05/10 00:39】 URL | パイクーハン #-[ 編集]
とても見ごたえがあって楽しいブログですね♪
ところでデコワールドっていう外国語のデコメールサイトをご存知ですか?
友達に紹介されて、試しにみてみたら、カワイイ英語や韓国語のデコメがたくさんありました★
オススメですよ☆彡
【2007/05/10 15:24】 URL | ハルカ #JalddpaA[ 編集]
何日か前にこのブログ見つけて
一気に読みました!!
文章が読みやすくて,おもしろくて
ハマりました笑

また来ますーッ(*>艸<).+
【2007/05/10 19:13】 URL | 奏 #Zpcyar8A[ 編集]
巫女服って男が着るもんじゃないよね☆
【2007/05/11 23:46】 URL | I君 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rararunnba.blog94.fc2.com/tb.php/58-a041012a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。