FC2ブログ
プロフィール

ララルンバ

Author:ララルンバ
クソ面白くないブログです。
それは僕がつまらねえ人間様だからです。
よろしくさん。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ララルンバゾーン

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
田舎から都心にワープした学生の日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
悪魔のプレゼント・1
大好きな映画は『マイライフ・アズ・ア ドッグ』のララルンバです!


というわけで、もう前置きも面倒だし、さっさと本題へ!

でもその前に、今日の掃除時間の友人との会話をどうぞ!



友人Y(Y君ではない)「ブログ更新した?」

僕「うん、1時くらいかな?」

友人Y「あー、じゃあ見てねーな……」

僕「結局、プレゼントは明日って言われたから、今日もらうんだよ」

友人Y「そうなん?」

僕「っつーか、実はI君のプレゼント、大体予想がついてるんだよね……」

友人Y「何?」

僕「多分、コスプレ………ドラゴンボールとか、ブリーチとかの………」

友人Y「マジで!? 楽しみやなあ!」



って、ごめん、Y君。



奴は一枚上手でした
その後放課になって1度家に帰り、ローソンで買った弁当を食べていざ塾へ。
着いてから少しすると、I君、Y君、M君がやってきました。

待ちきれない僕は切り出します。

僕「プレゼント、もう買ったの?」

I君「いや、まだ。これからYと買いに行く」

Y君「とっておきのやつ買ってくるから、期待してろよ☆」


そう言って塾を出る二人。とりあえず残された僕とM君は勉強をすることに。

ていうかM君、塾で保健をやっても意味ないんじゃ……?


1時間後、まだ二人は帰ってきません。

M君「おっせえ………何してんだあいつら?」

Y君の携帯に電話をするM君。ちなみに、I君は僕と同じでノンモバイラーです。

が、電話は繋がらず、とりあえず勉強をしながら待つことに。



で、さらに1時間後。

本気で遅い二人のことが少し心配になった頃、Y君からM君の携帯に電話が。

漏れ聞こえるY君の声。

Y君『よう』

M君「おせえよ」

Y君『ごめん』

M君「今どこ?」

Y君『ドンキ』


ああ、やっぱそうきたか………


覚悟していたとはいえ、やっぱりコスプレか………着るんだろうな……まあいいや。

もう、亀仙流にでも死神にでもなってやりますよ。

そう腹をくくる僕。


Y君『じゃあ、今からマッハで帰るから』


そう告げて電話を切るY君。

10分後。

I君&Y君「ただいま!」

二人が戻ってきました。I君はいつか見た黒い笑顔です。
Y君もとてもいい表情してます。ああ、やだなあ………


I君「コレ、何だと思う!?」

ドンキの黄色い袋を見せながら言うI君。

僕「どうせ、ドラゴンボールの胴着かなにかだろ?」

見え見えなんだよ! とばかりに鼻を鳴らす僕。が、


I君「ちがいまーす! そんなありきたりなことしねーよ!」



裏の裏を読まれてましたか!?



これは衝撃の展開だ! ていうかもう予想がつかんぞ!? あの中身は何だ!?

と、予想を裏切られて硬まる僕に、I君Y君がこの二時間を語ります。

Y君「まあ、最初、○○○って店に行ったんだよ」

ほうほう、あそこですか。まあ確かに変な物扱ってそうだけど……

I君「で、おもしろそうなものもあったんだけど、とりあえず保留、ってことで、今度は○○○ってとこに行ったわけ。 でもそこは何もなくて、ドンキなら何かあるんじゃないかってことになって、ドンキに電話したんだよ」

けっこう距離あるしね。電話で欲しい商品があるかどうか確認した、と。

で、どんな商品なんですか?

I君「えーっと、


『メイド服(大きめの)とかありますか?』


って」



ほうほう、メイド服を、ね。

…………………………



ちょっと待て



って言っても、この二人が止まるわけもありません。いいから聞けと説明を続けます。


Y君「そしたら、『ワンピースタイプとか、フリフリがついたやつとか、男性でも着られるようにウエスト100センチまでありますよ』って女の店員さんが言って」


へえ。



普通男性は着ませんけどね



I君「で、行ったわけ」

僕「で、買ってきたと? メイド服を?」

袋を指差して言う僕。まったく、メイド服着ることになるとは予想外でした…………


I君「フフフフフフフ………


だと思うでしょ?



ここにきてさらなる罠ですか!?

ていうか、今までのフリは何だったの!?
ていうか、マジその中身何!?


I君&Y君「ホラ、ハッピーバースデー! ララルンバ!」


袋を差し出すI君。
奪うように受け取り、中を見てみると、


『パンチラバイブル ~巫女編~ 』


そんなタイトルと共に、膝まで袴をめくりあげている巫女さんがパッケージの箱が出てきました。この中身……この重さは………本?


僕「………って、結局ただのエロ本かよ!?」

がっかりだ! なんか知らんが、とてもがっかりだ! 

しかしその10倍安心だ!!

心なしか表情がほころんでしまう僕。……いえ、決してエロ本が嬉しいからではなく…………

と、I君が

I君「ちっがーう!! よく見ろって!!」

そう言って箱を僕からもぎ取り、パッケージを開け始めました。

おいおい、人にやったプレゼント自分で開けるなよ………
そんな突っ込みをしようとした僕の目に、網膜に、信じられない映像が飛び込んできました。


I君が箱から取り出したのは、




真っ赤な袴



………………………いや、その、


続きは明日、ってことで。
スポンサーサイト
【2007/02/23 00:52】 | 体当たり系 | トラックバック(0) | コメント(10) |
<<悪魔のプレゼント・2 | ホーム | テスト二日目>>
コメント
僕らの精一杯の気持ちを受け取ってくれましたか?w
とにもかくにも明日のテストがんばってください!!!
【2007/02/23 01:00】 URL | I君 #-[ 編集]
君のためならなんでもやっちゃいますよぉ(笑)
【2007/02/23 01:44】 URL | 友人 Y君 #-[ 編集]
そっかぁ~↓↓
胴着ではなかったんやぁ(*´Д`)=з
まぁ,なにもらったかは掃除時間にたっぷりと(≧▽≦)笑//
【2007/02/23 05:23】 URL | Y.ジャスティン #4JcWZNxE[ 編集]
、、、なんかここわたしのくるところじゃなかた、、。まちがてた、、。ごめんなさい。
【2007/02/23 06:18】 URL | #-[ 編集]
・・・二号は見てみたいです
【2007/02/23 06:28】 URL | <二号> #-[ 編集]
まぁなかなかな
【2007/02/23 15:35】 URL | M #-[ 編集]
Hです。今日のララルンバはとても嬉しそうでしたね。やはりあなたはそっち系が好きなんですね。
【2007/02/23 17:23】 URL | H #-[ 編集]
Hです。個人的なことですが、私はメイドより巫女の方が好きですね。
【2007/02/23 17:27】 URL | H #-[ 編集]
すんげぇな(笑)怒濤の展開にちょっとビックリ\(*☆*★*)/
その場にいないのにリアルに光景が思い描けるのが……(笑)
ざわわもビックリやし♪
ま、おめでとうねhttp://blog94.fc2.com/image/icon/e/731.gif" alt="" width="14" height="15">http://blog94.fc2.com/image/icon/e/731.gif" alt="" width="14" height="15">\(≧▽≦)丿
【2007/02/23 19:05】 URL | パイクーハン #-[ 編集]
俺絶対chalkなんかに負けないから!!
【2007/02/24 20:21】 URL | パイクーハン #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rararunnba.blog94.fc2.com/tb.php/9-bb54bd51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。